煌羅カンナ 日々のつぶやき

お金についてのお話。

 

以前、アメブロでお金を話を書く!と息巻いて、書く書く詐欺になっております。

 

あの時なにを書くつもりだったのかは正確に覚えていないのですが、今日書くとどんな感じになるのでしょうか(自分でも書き出さないと降りてこないので)

 

というのは、スピリチュアルな形而上学だけではなく、最近は経営コンサルタントの方から色々学んでいるからです。両方向から「成功」を目指しています。

 

この「両方向から」というところが最大のポイントであり、そして本当に成功している人はどちらの知識も持っているんですね。形而上学と形而下学。

 

スピリチュアルだけでは現実世界では成功しない。かと言って、お金の稼ぎ方だけ知っていても「束の間の成功」で終わってしまう。だから両方必要なんですね。

 

まず、スピリチュアル的な「永遠性」「宇宙意識」に目覚めていないと、「お金」だけに執着するようになる。お金に振り回されて弄ばれ、誰かに支配されます。お金欲しさに人間性を失うことが多々あるわけです。

 

2018年現在の地球人にとって一番の難敵は実は「お金」。お金のために争いが起きるし、お金の奴隷になってしまう。

 

ちょっと考えてみて欲しいんです。もし誰かを自分の思い通りに使おうと思ったら、「お金」があればいい。大金を与えれば、大体どんな人も思い通りにできる可能性があるってことです。怖くないですか。

 

この広い宇宙でお金で何かが動かせるなんてことはない。地球の外に出てしまえば、お金なんて本当にただの紙切れ。お金は地球だけのシステムですよね。しかもそれすら幻想で、お金がなくても欲しいものは本当はなんでも手に入る。「お金がないと何もできない」とみんなが思っているからそうなっている。

 

歴史の教科書をよくよく読み込んで当時の人々の生活や考え方をしっかり理解すると、昔の人の方が知っている。お金=価値観にすぎないってことが。

 

武士はお金は「卑しいもの」という考え方だったし、その流れで江戸時代は「宵越しのお金は持たない」、つまりその日稼いだお金はその日のうちに使い切ることが正しい生き方だったんですよね。人間がお金に振り回される危険性を察知していたんだなと思う。

 

とにかくお金に対する執着を捨てないと、自由にはなれないっていうことなのです。自分の夢を実現できない理由の一番大きなものがお金になってしまっている。

 

私は形而上学でお金に対するブロックは(やっと!!!)取れてきたわけなのですが、ここにきて経営コンサルタントの方からも同じことを言われるんですよ。

 

お金はエネルギー。

 

実際にものすごくお金を稼いでいる方々からも。借金生活から億の収入を叩き出すようになった人からもです。みなさん、お金に執着していないんですね。

 

ではどうするかというと、自分にとって一番必要なものにお金を出していく。そうすると、形而上学でいえば、PATH(道)を進む限りはお金がサポートのためにどんどん入ってくることになる。

 

不思議なもので、もし欲に目が眩んでお金を自分のためだけにしか使わないようになると、お金は消えます。

 

お金にも「意思」があるのだということを学んでいます。よくスポーツで、例えばテニスで「ボールが行きたがっているところに打てる人がトッププレイヤーになる」と言いますけど、それと同じことで、「お金が使われたがっているところに使える人」が大金持ちになります。

 

この仕組みが分かってくると、人生が俄然面白くなります。自分のペースにお金を巻き込むことになるから。お金>自分だった人生が、自分>お金に逆転するという。

 

ただし、やはりそれなりにしっかり努力しないと簡単にそうはなれません。当たり前の話ですが。そして、方法は千差万別で、自分の成功は自分で見つけるしかないんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。