谷村典子(煌羅カンナ) 日々のつぶやき

パーソナリティーの問題

この前、30年ぶりぐらいにお母さんと電話で大喧嘩になり、「これでもう絶縁になるな」と覚悟しました。これからはお母さんがいない人生を考えないといけない。国立サロンも閉鎖だな。国立サロンが大好きなクライアントさんがどんどん増えているのに悲しまれるな。でも仕方ない。などと考えてました。

 

相方にも「お母さんと絶縁するかも」とか言って、相方は「じゃあレンタカーをキャンセルしよう」とか言って(ちょっと先にお母さんを乗せる予定があった)、生まれてからお母さんとはいろいろあったけどこんな終わり方になるのかーとかなんとか、、、すると翌日ケロケロっとお母さんが電話をよこしてくるではありませんか。ド喧嘩したこと覚えていないのか?わざと?本当にボケた?

 

何はともあれまるで何もなかったかのように、何のしこりのカケラもなく今日も国立でセッションさせていただきました。

 

 

日経新聞にショコラケーキランキングが載っていて、人気ナンバーワンのお店がなんと国分寺にあるとかで、差し入れをいただきました。それと今日のクライアントさんのお土産のロールケーキ、私が持ってきた節分の福餅、お母さんが取り寄せた甘平、節分のお豆、やたら豪華なお茶タイムでした。

 

そこでもクライアントさんと「母親」の話になり、母親の影響をどれぐらい受けているか、母親の習慣はどこからきているのか、などなど。うちも今でいう毒親ですが、でも昔はそんなに珍しくもなかったと思う。どんなに素晴らしい愛情を持っていても、そこには必ずパーソナリティーの問題がある。

 

 

生まれる前から生まれる瞬間から今に至るまで、どこからどれだけ影響を受けてきたのか。私なんかは生まれてから2万日以上も生きてきたわけで。人間は1分に32万の情報を受け取っているので、1日46億。それを2万日。どんだけ。とにかくそれぐらい色々な情報をぶち込んできたので、本当の自分じゃない状態になってしまう。とにかく世の中でうまく生きていこうと必死になってたくさんの仮面をかぶってしまいます。その中で母親から被らされてきた仮面は本当に一生取れないんじゃないかと思うぐらい強烈。母親もまたその母親から被らされてきたわけで。

 

 

ところがその強烈な仮面を取れる脅威のセッションが「マインドリージョン」。パーソナリティーからくる問題をどんどん取っていきます。今日のクライアントさんも「そんなヒーリングがあるなら是非とも受けたい!」と即答されました。おー。キングソロモンヒーリングが終わったばかりなのですが、勢いってすごい。

 

この前、まだお会いしたことがない方から、「マインドリージョンを受けたい」と連絡いただいてびっくり仰天。いきなりマインドリージョン! やはりアデプトプログラム、キングソロモンヒーリングを受けた後じゃないと難しいので、、、世の中にはすごい強者がいるなあ。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

    • 宮本雅代
    • 2021年 2月 19日

    マインドリュージョン受けたいのですが、アデプトです。ギャラクティックアクティベーション受けました。キンソロはまだです。マインドを先には受けられるんですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。